本文へスキップ

鳥取県倉吉市の医療法人木本歯科医院です。

診療案内HEADLINE

ナビゲーション

セラミッククラウン


セラミック素材の冠(かぶせ)は、従来の金属冠ではできなかった歯の自然な白さや色調、エナメル質の透明感を再現できます。
現在最先端の技術であるジルコニアフレームのオールセラミックや実績と安心感のあるメタルセラミック、安価で手頃なハイブリッドセラミックについてご案内します。

セラミッククラウンとは、歯周囲を少し削った上にセラミック製の歯をかぶせることで色、形や歯並びなどを美しく整える治療法です。 色の変わっている歯、大きさの不揃いな歯、隙間のあいている歯、歯並びのよくない歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。勿論ブリッジも出来ます。セラミッククラウンには、 1.セラミックジルコニアクラウン 2.オールジルコニアクラウン 3.ハイブリッドセラミッククラウンがあります。

セラミックジルコニアクラウンは最先端、最高品質のクラウンです。金属を一切使わないため、光を透過するなど審美的にもとても美しく、硬すぎることもないので咬み合わせの歯を傷つけることもなく理想の歯並び、色、形の美しさを手に入れられます。歯と歯肉の境目が黒くなることもなく、ご自身の歯と見分けがつかないほど自然です。 前歯から奥歯まで総ての冠やブリッジに対応できます。金属アレルギーの方も安心です。
当院では、模造ダイヤモンドとして知られる強靭なジルコニアフレームの表層により透明度の高いファインセラミックを焼き付けたセラミックジルコニアを制作いたします。

オールジルコニアクラウンとは100%ジルコニアのクラウンで非常に耐久性が高く噛み合わせが強い歯や歯ぎしりする人にも対応できます。また単一の素材で出来ているので破折が起こりにくくセラミッククラウンの中で一番長持ちする方法です。変色や着色も殆んどなくいつまでも白さを保つことが出来ます。従来ジルコニアは白すぎるのが欠点でしたが、材質の改良によりかなり自然な色合いが作れるようになしました。現在、A1、A2、A3、A3.5の色調から選ぶことが出来ます。透明感などはセラミックジルコニアより劣りますが、ほぼ自然の歯に近いものが可能です。

ハイブリッドセラミッククラウンとはレジン (歯科用プラスチック) にセラミック (陶器) の細かい粒子を混ぜることにより、レジンの物性を向上させたクラウンです。"セラミック" の名がついていますが、セラミックではなくプラスチックの一種です。金属の内冠の上にセラミックとプラスチックの中間の硬さを持った材料を貼り付けた白い冠で、セラミックジルコニアやオールジルコニアと比較すると歯の根元に金属色が見えますので審美的にかなり劣ります。また経年的に変色・着色が起こり咀嚼により表面が摩耗して金属の地金が露出することが有ります。セラミック類に比べて安価なのであまり審美性を要求しない部位に適しています。

●オールジルコニアインレーとは、100%ジルコニアで出来たインレーで非常に耐久性が高く噛み合わせが強い歯や歯ぎしりする人にも対応できます。また単一の素材で出来ているので破折が起こりにくく変色や着色も殆んど起こらないのでいつまでも白さを保つことが出来ます。従来ジルコニアは白すぎるのが欠点でしたが、材質の改良によりかなり自然な色合いが作れるようになしました。現在、A1A2A3A3.5の色調から選ぶことが出来かなり自然の歯に近いものが可能です。ジルコニアインレーは人造ダイヤモンドに使用される二酸化ジルコニウムから出来ています。硬くて十分な強度を持ち長年の使用にも変色や摩耗が殆んど起こりません。強度があるので歯の削除量を少なくできCADCAMシステムによる精密な作業で極めて適合の良いインレーが可能になりました。勿論金属アレルギーの心配もありません。
★長所
金属やCRレジン以上の強度
白く透明感があり、目立たない
変色や着色が殆んどない
歯の削除量を少なくできる
アレルギーの心配が殆んど無い
CADCAM製作で精度が高い
★短所
治療費が保険適用されない
接着剤の操作に左右され外れることがある

 

 

インプラント 
ホワイトニング 
クリーニング 
セラミッククラウン 
ノンクラスプデンチャー  
CADCAM冠  
マウスガード  
いびきの改善
歯列矯正 

newpage2.htmlへのリンク